結膜炎か?

目がかゆくてかゆくて。
夜中にも目が覚めてしまうくらいです。
目頭です。
結膜炎かな?アレルギー性の。

目のかゆみにもいろいろあるようで、目頭だと結膜炎もうたがうんですよー。
でも、目の充血はない、、、違うのか?
医者へいけ?
そうですね、はい、そうします。

とはいえ、語らせてください。
病名はどうであれ、かゆのは確かで困っているのです。
目薬はさしてますけど、それがあっているのかどうかは分かっていない。
目薬で悪化することもあるって聞いてビビっています。

アレルギー性のかゆみなら、アレルゲンが何かを調べてもらって・・・ってなりますけど、
わつぃのとこの医者はそこまでしてくれない。
(言っても無駄です)
これ使ってみて^-、って目薬の処方箋か、薬やで買えるものをメモしてくれるだけ。
どうよこれ。汗

何度も繰り返し「まだ痒いです!」って訴えて、何年もたてばやってくれるかもですが、
検査の前に処方箋を何回も渡されるのだ。
そうしてる間にきっと思い病気なら重くなりすぎて手遅れ・・・なんてことになるんだろうなー。
死にたくなーい。

再入国

観光客としてインドネシアに入国して滞在できるのは30日以内。
一度出国して、再入国しようとする人はたくさんいます。
その方が楽しいし、面倒がないっていえばないかな。
でも、面倒っていえば面倒。
最初から2か月いられたらいいのにね。
(再入国でもいられるのは30日)

これを、今どうしようかなーって考えています。
最初から数か月有効なビザをとろうか、または再入国しようか。
タイやシンガポールに行ってはまたインドネサシアに入国をする、これを繰り返すって人が多いのですが、
必ずしも全員が成功してるとも思えず。
おおかた大丈夫なんだけどね。
いろいろなビザの種類があって、規定を満たせば申請はだいたい通るし、難しい事はないんです、
ただ、イミグレーションに何度も行ったりと、、少々面倒ではある。
滞在してる場所によって管轄が違います。
だいたいはデンパサールになるのかな、バリ島の場合はね。
(ちゃんと確認しましょう)

私も一度出国して、また再入国かな、、、、他の国も行きたいしね。
これを繰り返すという行為がどうなのかは分からないけど、エージェントを通してとるビザって
「このビザを取得したらxx日以内に入国せよ」
みたいな条件がつくから面倒なんです。
なんとかなるか!!って思っていますが、どのみちを選ぼうか悩むところ。

派遣社員

派遣社員についての意見はいろいろあれど、
じっさいに派遣で働いてる人の声というのは現実味があっていい。

派遣にもいろいろあるけど、登録してそこから派遣先に逝く、というのが一般的にいわれる
「派遣」と定義しよう。
この人たちはそこでの契約がいつ切れるかとびくびくしながら働いている。

正社員よりも働いている(!)(断言)。
それでもボーナスもなく保証もなく、今日雨量も安い。
それでいて、能力があると会社からはすごい仕事を任せられたりもするのだ。

なぜこんなことが堂々と描けるかって、、、経験者だからだよ(笑)!!

正社員は守られてもいるし、そこの正社員であることにかわりはなく、
いい人ばかりで私はラッキーだったけど、
違う部署とかではいろいろなことがあったらしく、
その話を聞く度に心が折れそうになっていました。

同じ派遣会社の他の人と話をする機会はないのですが、
ネットでの情報や、昔はドラマもありましたから(!)
それで同じような事はどこにでもあるんだなってのは知っています。

頑張って働くしかないのですが、正社員への道もないわけではないので、
自分で納得して派遣を選んでやっているのではない限り、
正社員の道を頑張って探すしかないのでしょうね。
頑張ってください。

シャンプー

スーツケースになら液体物は無制限で入れて持っていけるのか?
という質問を受けたのですが、スーツケースでも2キロまたは2リットルまで、
となっています。
その航空会社とか、買ったチケットの種類によっても違いますけどね。
そりゃお金さえ出せばいくらいでもいいんじゃないのかな?

ビジネスクラスやファーストクラスになるとエコノミーよりは規制がゆるいけど、
液体物の量は同じなんじゃないかなー、と思います。
ただし、荷物の重量はビジネスクラスやファーストクラスではもっとたくさん持ち込めます。
お金かかってるからね。

さてシャンプーですが、どこに行ってもシャンプーはあるから、
現地で買うことが出来ます。
でも、自分にあったものかどうかは定かではないし、欲張って大きなものを買っても、
帰りの飛行機だって重量制限は同じなので注意しないとです。

どこかへ行く時に持っていく液体物ってシャンプーとコンディショナーくらいではないかな。
他は・・・お酒とか??笑
いすれにしても2リットル以上ってあまりないでしょ??ある?

韓国

韓国のマーケットったらチープちっくなものがあったりして、でもとても楽しい。
それが最近はまた変わってきているとか?

観光客のあまり来ないところでは、一個70円のドーナツでさえ市民が買うのをしぶるようになったので
売れ行きが伸びないのだそうです。
昔は揚げたらその場で売れていったそうですよ、これは困りましたね。

味が落ちたのではなくて、財布が硬いんです。
韓国についてのこういったニュース、あまり聞きませんよね、景気はいいのだと勝手に思ってました。
観光客のいくようなところはそうでもないのかな?

友人で韓国キチガイがいますので、今度聞いてみようと思います。
その子は毎年行きますよ、こういう人がいる以上は景気は下がらないのかなって思いますけど、
それだってどうなっていくか分からないですよねー。

韓国はコーヒーが高いとも聞いた事があるけど、ここ何年も行っていないので分からないのです。
日本の1.5倍くらいするとか、それは、あまり売れないから、、、とも。

失業率も高いってその時に聞いた気がします。
珈琲を弾け会いに出した理由は分からないけど、、。

韓国人、どこでも見かけるので、旅行にいける人が多くなったのだとばっかり思ってました。
でもそういうところだけでは計り知れないのかもですねー。

マンダさんの生き方

萬田久子さんは、単身ニューヨークに飛んで極秘に子供を産みました。
不倫した相手の子供だったのです、有名な話ですね。

その後相手は離婚したのですが、離婚の条件が「今後は誰とも結婚しないこと」とあったとされています、
噂ですけど、、、なので萬田さんは結婚しなかった、、出来なかったというわけ。
でも事実婚をつらぬき、世間的にも認められていました。

でも相手はまた不倫してるんですよね。
浮気をする人は絶対繰り返します。
この人、特にお金があってモテたそうですから無理もないのかも。

お子さんは認知されているけど、萬田さんは家族ではないとされて、
亡くなったあとも遺産とかにはまったく関係なかったのです。

でもそれでいい、としてきた萬田さんの生き方、恰好いい。
彼女はオ金ではなくてプライドをとったのだ、というう人もいます。
それでいいのです。

いつまでも恰好いい萬田さん、あっぱれですね。
彼女じしんもお金があるからできる事もあるけどね。

なんでも若い頃は、髪の毛がまとまらない、という理由だけでその日は学校に行かなかったんですって。
すごくオシャレなひとです。

髪の毛を長くしているのも「オンナを捨てたくない!」からですって。

バブル時代のこと

バブルな時代ってどんなに何がすごかったのか、、、といえば。
女性はお金を持たずに外に出たら、男性がおごりまくってくれた。

あれが欲しい、とちょっと言えば高級カーをプレゼント、またはマンションをぽーんと。
そのお金はどこから出たか、、会社なんですよね、だいたいは。

昔は会社に経費として出せばなんでも出してくれた、そういう時代だったんです、
さすがにマンションとか車になると、それは、そうやって貯めたお金で買ったのかもですが、
会社役員ならぽーんと出来たらしい。

バブルがはじけてもあの頃が忘れられなくて、、って人、今でもいますよ。
でも時代は変わったのだ。

バブルな時はどこまでもタクシー・チケットというのが出て帰る事が出来た。
一万円の価値なんて今とまったく違う。
ただ、あの頃から1万円でも、1円でも大事にしてた人は、今も勝ち残ってるのではないかな、とも思う。
どうだろうか。

バブル、またきてほしいと思う?
きてほしいと思う人もいるんでしょうねー。
忘れられないんだろうなー。

おなかが・・・

急におなかが痛くなって、きゅーーーー。。。って感じがしてトイレにかけこんだ。
そう、、、ゆるかったのです。
何もおかしなものは食べてないけど、なんだろう。
すぐによくなったけど、なんていうか気持ちが悪い。

トイレでも気分が悪くなりました。
その後は普通に食事もできたし、、本当になんだったんだろう。

水分を取ってゆっくりしますが、コワイのは、夜中に襲ってくること。
夜中にお腹がきゅーーってなるのはいただけないね。
誰も起こせないし、黙って静かにトイレにいくなんてなんだかみじめだ。
せめて昼間なら・・。(って、そういう問題じゃないね)

暖かくして寝よう、、、だれにも知られずに。。。

こういうことってありません?
急にお腹がきゅーーってなること。。。わたしはあるんです、、おかしな病気??
こわーーい。

病院にいったって「様子見て」だけだし、本当に何もなければいいけど、ちょっとびくびくしてます。
大腸癌とかだったら・・とかね。
考えたらこわいので、さっさと寝ます、どうか夜中に置きませんように。
祈る事しかできない。。

親との確執

実の親との確執がある人ってあんがい多いんですねー。

知り合いにもたくさんいるのですが、タレントに西村知美さんについて読みました。
以前、かなり前ですけど、催眠術みたいなのにかけられて、
その時にも彼女は
「私はおかーちゃんみたいに絶対ならんけん!」
って言ってたので、仲良くはなさそうだな、って思った記憶があります。
出もまた今、そのことが浮上してて、今は年齢もあがったし、
どうやらお父様の調子があまりよくないらしい??

なので実家に行ってお世話してるみたいです。
母親との関わりもあるのでしょうね、昔を思い出したのか、今もわだかまりはとれないのか、、。

その、以前の話しでは、ご飯をちゃんと作らなかった母親みたいな感じでした。
お惣菜を冷たいまま出す、みたいな。
お惣菜をそのまま出すの、私も好きではありません。

私の親は絶対そんなことしなかった。
せめてお皿にうつすことはしてたし、暖かいものは暖かくして出してくれました。
なので彼女の嫌なのわかります。

そこにどんな事情があったのかわからないけど、もちろんこれだけではなかったはずで、
でも、、、

亡くなる前に確執は少しでもなくしていってほしいな、とも思うのでした。

こんなこともあるんだね。

ワールドカップの日本戦で、ものすごいいいゴールをしたのにその部分がカットされてしまったという事件(?)。
どうしてそんなことが起こったのか、ベン組の人も分からないそうですよ。
そのゴールがあったからこそ引き分けになった、ものすごい事なんですけどね。

番組の最中にすでにおかしいと思ったのか、出演者が謝ったそうですが、
なんで!!??
、、、ですね。こんなこともあるんだ。
なんだか単純なミスのようです、出演者もびっくりの。
意図的ではないけど、そこがまた悲しい。

テレビってすごい打ち合わせして、リハーサルして、ってやってるからこんなことはないと思ってました。
逆になんだか親しみを持ちましたが、事がワールドカップだったせいか、
ものすごい言われよう(に感じた)。

ゴールした選手はそんなに悪く思ってないと思うけどね、、、笑、、
っていうか、知らない??
サポーターがすごい怒ってた、同時に出演者も。
サッカーってすごいですねー。
あまり興味ないけど、こういうところにはビックリしますわ。